ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ワンちゃんと暮らす家族の日々

40代前半の主人と私 12歳の娘と9歳の息子 そして1歳の チワックスのワンちゃん♂ と暮らしている家族の日々を綴っているブログです 

辛い記憶と一緒に生きている日々

こんにちは。

 

 

今日は ちょっと・・

 

 

長くなります。

 

 

ここ数日に起きてしまった

愛知県の中学生の刺殺事件や   

 

兵庫県の小学生の兄弟が

犠牲になってしまった

伯父による放火殺人事件。

 

違う内容の事件ではありますが

どちらも子供が関係していて

ニュースを見るたびに

自分の子供だったらと

想像するだけで

悲しくなってしまいます。

 

 

今朝の目覚まし8で 

兵庫県の事件について

取り上げていた時に   

 

EXITの リンタローさんは

犠牲になってしまった

子供達の将来を想い

涙を流されていたようです。

 

兼近さんはというと・・

「こういう状況って ぼくは正直

人ごとじゃないなって思ってて」

と自らに照らし合わせたようで

 

そして自身の親のきょうだいについて

「うまくいってない」とし

「ネットにのめり込んだりだとか

ぼくに『お金を貸してくれ』だとか

そういうどうしようもない状況にいる

 

そんな お話しをされていたようです。

 

私は兼近さんが

親の ごきょうだいによって

大変な身内問題を

抱えているということを

初めて知りました。

 

兼近さんとは少し違いますが

私は実の母・兄妹によって

どうしようもない状況にいます。

 

私の母は

最近 知った言葉でいうと

典型的な“毒親”でした。

 

父の お給料

自分の パート代は

ある分 全て使って

なくなれば借金。

 

生活をしていくうえで

まずは支払わなければならないものが

沢山ありますが

母は それが出来ず・・

 

電話・電気・ガスは

止まるのが当たり前の生活。

 

なかなか止まらないと言われている

水道まで何度も止まっていました。

 

自宅の電話が鳴ったときは

何かしらの料金の お支払いを 

 

早急に お願いします

 

という連絡がくるものとなっていて

 

その おかげで私は

今でも電話の着信音が

嫌になっています。

 

お金の管理が出来なかった母

学校の給食費の支払いも

しなかったので

 

毎月クラス全員の前で

給食費未払いの用紙を

先生から渡され 

 

クラスメイトの中には

何?貧乏なの?と言ってくる人も・・

 

毎月 

恥ずかしいのと

嫌な思いをするのとで

何度 母にしっかりして欲しいと

思ったことか分かりません。

 

母は私が高校生になり 

アルバイトが

できるようになることを

待ってましたかのようでした。

 

私の お給料をあてにし

お給料日には決まって

 

悪いんだけどさぁ

 

お金貸して・・

 

 

私は 

アルバイトを始めたら

やろうと決めていて

少しでしたが自分から進んで

家には いくらか

お金を入れていました。

 

数年たち慣れてきた母は

今月の お金は?

と催促してくるように変わりました。

 

私が 

アルバイトをやめたものなら

お金を得られないので

その焦りから

 

働くとはどういう事か!!

みたいな話を

お酒に酔いながら

怒り気味で話してきました。

 

 

働く=金

 

金=もってこい

 

ホントに嫌でした。

 

 

そして私が就職をすると

状況は もっと悪い方へいき

お給料を借りてくる額が大きくなり

 

お給料の半分は

当たり前に

もっていかれていました。

 

お友達と 

お出かけを予定していても

あったはずの お金はないので

急に違う予定が

入ってしまったと

私は嘘をつき 

だんだんと 

いたくはない

自宅にいるようになりました。

 

お洋服などの 

お買い物に行く予定を 

お友達としていた時も 

 

ホントに欲しかったもの

あれ欲しいよねー!!

 

なんて盛り上がっていたはずなのに 

 

お買い物の日がくると

 

やっぱり

 

あったはずの お金はないので・・

 

 

んー

やっぱりいらないかなぁ

 

と私は また

嘘をついてみたり。

 

毎日

ちゃんと普通に

頑張って働いていたのに・・

 

行きたい所へは行けず

欲しい物を買うことが出来ず・・

 

 

親によって

お友達と同じことが

できないことに

悲しいよりも

働いている事が

バカバカしくも思いました。

 

 

 

私は子供を妊娠してから

もう10年以上

社会から離れています。

 

そして最近

子供達も大きくなってきたので

そろそろ働こうかと

求人を見ていたりしていました。

 

でも どこかで

私が働き始めた事で

 

また

 

“母からのたかり”

 

が始まるのだと

そんなふうに思えて仕方がなく

嫌な記憶が蘇ってきました。

 

なぜなら

子供2人が小学生になった頃の

数年前から

そろそろ働けるんじゃないの?

 

という母がいたのです・・

 

母親が生きている限り

働きたくても

働きたくない

 

そんな気持ちと葛藤しています・・

 

 

長くなりましたが

 

兼近さんの

身内からの 

お金を貸して欲しいと

言わる事が起きている問題

 

どうしようもない状況にいるという事

 

でも彼は日々頑張っていて・・

 

 

起きてしまった

一つの悲しい事件から

1人の人のコメントによって

 

実は みんな

色々な問題を抱えて生きているのかなぁと

今日 改めて そんな事を考えた日でした。

 

私も自分の親・兄妹が

めちゃくちゃなので

兼近さんと同じく

人ごとには思えません。

 

 

長ーくなってしまいましたが

今日も ご覧頂きまして

ありがとうございました。

 

また

どうしようもない家族の記事を

あげるかもしれません。

 

苦手な方は

スルーして下さい・・